わたしのなまえは

たつじん

Author:たつじん
音楽 ゲーム クルマ
へんなものが 大好きな
たつじん です

Category
Search by FC2
Latest Articles
Latest Comments
Latest Trackbacks
敵エンカウント数
RSSフィード
べんりンク
ブロとも申請フォーム
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Honda Green Machine 003

02 26, 2010 | クルマ

0 Comments
いよいよ 世界初ハイブリッドスポーツが発進しました


HONDA CR-Z  ホンダ シーアールズィー
ゼットて言ってほしくないそうです


環境だけじゃヤダという何ともホンダらしい考え方から生まれた、デザイン・走り重視のれっきとしたスポーツカーでありまして
その名の通り往年の名車 CR-X をリスペクトしちゃってるわけです。

モチロン燃費は 25km/L
1.5リッターのモーターアシストですね。

このCR-Zは「かっこ悪くなったら、やめるからね」のお約束のもと開発されてきた力作だそうで。コンセプトカーのかっこよさを市販時に失わせたくない。デザインと量産性の微妙な境界線の葛藤に、ギリギリまで試行錯誤を繰り返したそうです。


cr-z concept 0-2



最初にホンダがCR-Zとして発表したコンセプトがコレ
ホンダの理想とするデザインを市販化する夢をもったコンセプトカーでした。

cr-z concept 1-1  cr-z concept 1-2



東京モーターショー2009発表モデルがコレ
青色LEDやホイールを除いてほぼ市販車と変わらないデザインで発表された。

cr-z concept 2-1  cr-z concept 2-2



そして市販モデル
ナンバープレートのためにHONDAエンブレムがフロントグリル上に移動した。

cr-z



いっしょうけんめい、目標のデザインを変えないようにがんばったんです。

ビックリしたのが、ハイブリッドのくせに6速MT対応ですか! モーターギュンギュンいわせながらクラッチ踏むんですよ かっこいい…。ちょっと走りたいときに「SPORTモード」っていうのに切り替えると、インパネが赤くなってクルマが凶暴になるボタンも付いてるみたい。

cr-z interior 1  cr-z interior sport


お値段は200万円前半らしいです。一応4シーターですが、後部座席は例の「1マイルシート」。ホントに予備的な感じなので普段は荷物置きになりそうです。




HONDAチューナーの無限も さっそくCR-Z用のパーツを発表したようです

cr-z mugen

んーまあ このエアロは このみのもんだいだね。
無限のものも含めてオプションは充実してるみたいなので、アレンジ次第で相当かっこいいクルマにはなりそうです。
現物見るとやっぱりコンセプトと雰囲気違うじゃん って人も、エアロパーツやLED装飾で今までのコンセプトと全くおんなじにカスタム、ってのも不可能ではないとおもいます。


そんなこんなでHONDAのCR-Z、そこそこ売れるんじゃないでしょうか。
トヨタとライバルとはいえ日本車、アメリカで闘う章男さんを応援してあげてください







スポンサーサイト

究極のモニタリングイヤホン

02 13, 2010 | ミュージック

8 Comments
大変失礼いたしました ひさびさの更新でございます


今日は スバラシーイヤホンをご紹介しますよ
なんかこないだも載せた気がしますが



いつかは手に入れたい珠玉の一品

UEこと ULTIMATE EARS



Triple fi.10 Pro
TRIPLE.Fi 10 PRO (35,000円前後)



こちらのUEさんはもともと カスタムIEM メーカーでございまして

カスタムIEM (In Ear Monitor)っていうのは かんたんにいえば、プロのミュージシャンがステージで使ったり、スタジオでいろいろ いじくったりする時に使うイヤホンのことで 微妙な音程とか音色の違いがわからないといけないときなんかに必要になる特別なイヤホンなんです。
スーパーでも売ってる500円のイヤホンじゃイヤでしょ

なにがカスタムやねん というと、カスタムIEMはユーザーひとりひとりの耳にあわせて設計するっちゅう特注品で お医者さんに耳の型をとってもらわないとつくれないホントにカスタムな(?)イヤホンなわけです。 

UEは市場占有率75%のカスタムIEMの超大手。
愛用者も錚々(そうそう)たる面々。  リンキンパーク・U2・セリーヌディオン・スティーヴィーワンダー・アースウィンドアンドファイア・ノラジョーンズ・グリーンデイ・ローリングストーンズ・マドンナ…  思いつく有名人はだいたい使ってるんだねw



チェスター・ベニントン  UE 10 Pro

長くなりましたが こんな感じでカスタムIEMはぷろふぇっしょなるな業務用として使われてるイヤホンなんですが 使い勝手のためなのか、端子は特殊なものではなく普通の3.5mmステレオミニが付いてます。

そんなある日 あのリンキンの入れ墨兄ちゃんが 「おれ、MP3プレーヤーでも使ってるべさ」 って話したことから生まれちゃったのが一番上の写真、Triple.fi 10 Proなんです。電気屋さんで注文すればフツーに手に入ります。なので、IEMはIEMでも、上の写真 チェスター愛用の UE 10 Pro のようなカスタムIEMとは区別されます。お医者さんに行かなくても、めっさ(めちゃくちゃ)お金かけなくても、IEMの音を楽しめるようになったんです。
Triple.fi 10 Pro は35000円、でもカスタムの UE 10 Pro が10万円以上って考えれば、安いもんでしょ。



音質に関しては、さすがIEM、そこらの高級イヤホンとはワケが違います。
TRIPLE.Fi 10 Proは トリプルドライバー、つまりイヤホン片っぽに3つスピーカーが入ってるまさしくスーパーなイヤホンでありまして。まるで目の前でアーティストが演奏してくれてるような、リアルな音、非常に広い音場が魅力だそうで。誰がつけても「おおっ!」と感じちゃうらしいです ケーブルがはずせるので断線しても交換できて、さらにこちらでUE用の交換高級ケーブルを売ってるみたい。

カナル型イヤホンなら、忘れてはならないのがイヤーピース、UEはComply(コンプライ)さんのフォームイヤーチップをおすすめしてます。



本当にモノ好きなひとは、カスタムIEMを注文する方もいます。
つい最近の話ですが、UEがカスタムIEM最高機種である UE 11 Pro のさらに上位となる UE 18 Pro を発表しました。

UE 18 Pro

6ドライバーのモンスターモデルでございます。価格は1350ドル、13万円ってとこですが、耳型の製作費は含まれてないとのこと。ぜんぶ考えて20万円とみればいいね。

そのうち買って自慢しますね



しかしこの世には8ドライバーのカスタムIEMも存在するという…

まいいや。(´・ω・`)



最近の技術革新は、自分たちの思ってる以上の段階まで進んでいます。これはオーディオに関してもいえることで、ちっこいスピーカーからボンボン低音が出たり、豆粒みたいなイヤホンからめっちゃきれいなボーカルが流れたり…。iPodやケータイの音楽をもっといい音で楽しみたいなら、数十万のスピーカーに負けないくらいの音を奏でるイヤホンはたっくさんあります。カスタムIEMとまでは言いません。でも、ちょっと手を伸ばせば、ずっと手放せなくなる愛機が見つかるはずですよ


    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。